日本におけるサードパーティ・ロジスティクスの意義--3PLプロバイダーの戦略に関する研究序説

Research Japanese OPEN
高橋, 愛典;
(2005)
  • Publisher: 近畿大学商経学会
  • Journal: 商経学叢 = Shokei-gakuso: Journal of Business Studies,volume 51,issue 3,pages193-207 (issn: 0450-2825)
  • Publisher copyright policies & self-archiving
  • Subject: サードパーティ・ロジスティクス | 3PL | 発展段階 | 3PLプロバイダー | 出身業種

【概要】ロジスティクスの概念の普及に伴い, サードパーティ・ロジスティクス(3PL)に対する関心が日本でも高まっている。 また, 3PLという用語で表現されているか否かを問わず, 3PLの事例は日本でも増加しつつあると考えられる。 そこで本稿は, 3PLの概念(定義と発展段階)ならびに日本における意義を整理し, 様々な企業が持つ3PLプロバイダー志向を分析するための試論とする。 特に, 荷主の物流拠点の運営を受託することが3PLプロバイダーの主要な条件であることを示し, 3PLプロバイダーの行動を出身業種別(物流事業者,物流子会社,卸... View more
Share - Bookmark

  • Download from
    JAIRO via JAIRO (Research, 2005)
  • Cite this publication