publication . Conference object . 1999

Prediction of boundary-layer transition caused by crossflow disturbances

Nomura, Toshiyuki; 野村 聡幸;
Open Access Japanese
  • Published: 01 Feb 1999 Journal: 航空宇宙技術研究所特別資料=Special Publication of National Aerospace Laboratory (issn: 0289-260X, Copyright policy)
  • Publisher: National Aerospace Laboratory (NAL)
Abstract
圧縮性境界層を計算するナビエ・ストークスコード、擾乱の空間増幅を計算する線形PSE(Parabolized Stability Equations)コード、および増幅率を積分するN値法コードから成る境界層遷移予測システムを開発した。そしてこのシステムを、後退円柱上の圧縮性境界層の遷移が、Creelらが実験で観察したのと同様の幅方向の波長を持つ横流れ擾乱によって引き起こされる場合に適用した。このシステムによって、遷移開始の付着線からの角度間隔は32〜35度であることを予測した。
Subjects
arXiv: Physics::Fluid Dynamics
free text keywords: crossflow disturbance prediction system, boudary layer transition, Navier Stokes code, linear PSE code, N factor code, swept cylinder, compressible boundary layer, linear stability analysis, velocity distribution, temperature distribution, spatial growth, transition onset location, parabolized stability equation, supersonic airplane, sweptback wing, 横流れ擾乱, 境界層遷移予測システム, ナビエ・ストークスコード, 線形PSEコード, N値法コード, 後退円柱, 圧縮性境界層, 線形安定解析, 速度分布, 温度分布, 空間増幅, 遷移開始位置, 放物型安定方程式, 超音速輸送機, 後退翼
Download from
JAIRO
Conference object . 1999
Provider: JAIRO
Powered by OpenAIRE Open Research Graph
Any information missing or wrong?Report an Issue