publication . Research . 1988

前立腺癌における腫瘍マーカーの臨床的検討 — Prostatic acid phosphatase , Prostatic antigen,γ-Seminoprotein の同時測定による検討 -

塚本, 泰司; 熊本, 悦明; 山崎, 清仁; 梅原, 次男; 宮尾, 則臣; 大村, 清隆; 岩沢, 晶彦;
Open Access Japanese
  • Published: 01 Jun 1988 Journal: 泌尿器科紀要, volume 34, issue 6, pages 987-995 (issn: 0018-1994, Copyright policy)
  • Publisher: 泌尿器科紀要刊行会
Abstract
未治療前立腺癌58例,未治療前立腺肥大症77例,男子非前立腺尿路性器疾患57例を対象として従来のPAPにPAあるいはγ-SMを加え,その臨床的意義を検討した.前立腺癌以外の疾患ではPAPの他に他のマーカーを加えても診断的意義はあまり変わらなかった.前立腺癌low stage群では他のマーカーにより陽性率の上昇が得られ,PAやγ-SMの追加が臨床経過のモニター上有用と思われた.一方high stage群では,3つの陽性率がかなり重なり合い,追加測定によって得られる陽性率の上昇はlow stage群にに比し低かった.PAP, PA, γ-SMの同時測定では,複数のマーカーが陽性となる割合は前立腺癌以外では極めて低く,この結果からは複数のマーカーが同時に陽性となることが前立腺癌の存在を強く疑う所見となると思われた
Subjects
free text keywords: Prostatic carcinoma, Prostatic acid phospatase, Prostatic antigen, Gamma-Seminoprotein
Download from
JAIRO
Research . 1988
Provider: JAIRO
Powered by OpenAIRE Open Research Graph
Any information missing or wrong?Report an Issue