前立腺癌における腫瘍マーカーの臨床的検討 — Prostatic acid phosphatase , Prostatic antigen,γ-Seminoprotein の同時測定による検討 -

Research Japanese OPEN
塚本, 泰司; 熊本, 悦明; 山崎, 清仁; 梅原, 次男; 宮尾, 則臣; 大村, 清隆; 岩沢, 晶彦;
(1988)
  • Publisher: 泌尿器科紀要刊行会
  • Journal: 泌尿器科紀要,volume 34,issue 6,pages987-995 (issn: 0018-1994)
  • Publisher copyright policies & self-archiving
  • Subject: Prostatic carcinoma | Prostatic acid phospatase | Prostatic antigen | Gamma-Seminoprotein

未治療前立腺癌58例,未治療前立腺肥大症77例,男子非前立腺尿路性器疾患57例を対象として従来のPAPにPAあるいはγ-SMを加え,その臨床的意義を検討した.前立腺癌以外の疾患ではPAPの他に他のマーカーを加えても診断的意義はあまり変わらなかった.前立腺癌low stage群では他のマーカーにより陽性率の上昇が得られ,PAやγ-SMの追加が臨床経過のモニター上有用と思われた.一方high stage群では,3つの陽性率がかなり重なり合い,追加測定によって得られる陽性率の上昇はlow stage群にに比し低かった.PAP, PA, γ-... View more
Share - Bookmark

  • Download from
    JAIRO via JAIRO (Research, 1988)
  • Cite this publication