Investment-based Capital Asset Pricing Model からみた投資と資産収益率

Research Japanese OPEN
宮川, 努; 滝澤, 美帆;
(2017)
  • Journal: 學習院大學經濟論集,volume 54,issue 2,pages53-85 (issn: 0016-3953)

本稿は,資産収益率の要因を,投資変動を使って説明するInvestment-based Capital Asset Pricing Model(I-CAPM)を使って,日米の投資規模と資産収益率の関係及び無形資産規模の影響を考察した。I-CAPM によれば,投資規模が大きくなると投資に付帯する費用によって資産収益率が低下するが,単純に投資規模別に分けた資産収益率を調べると,日米ともにI-CAPM の妥当性が検証される。しかしFama and French(1995)によるThree Factor Model など他の要因も加えると,日本... View more
Share - Bookmark

  • Download from
    JAIRO via JAIRO (Research, 2017)
  • Cite this publication