publication . Article . 1993

アセトアニリド ケッショウ ニ オケル シンドウ スペクトル ノ コウアツ ラマン ケンキュウ

Sakai, Masamichi; Kuroda, Noritaka; Nishina, Yuichiro; サカイ, マサミチ; クロダ, ノリタカ; ニシナ, ユウイチロウ; 酒井, 政道; 黒田, 規敬; 仁科, 雄一郎;
Open Access English
  • Published: 01 Jan 1993 Journal: Physical Review B, volume 47, issue 1, pages 150-157 (issn: 0163-1829, Copyright policy)
  • Publisher: The American Physical Society
Abstract
有機分子性結晶特有の分子振動と格子振動の結合形態をアセトアニリド結晶についてラマン散乱により実験的に調査した。実験は大気圧下と、ダイヤモンドアンビルセルを用いた加圧下で、室温から80 Kまでの範囲で精密に温度を変えて行った。その結果、アミド-I分子振動モードが格子振動と結合して自己束縛を起こした振舞いを明瞭に観測することができ、分子・格子結合のメカニズムを解明するとともに、結合定数を定量的に評価することができた。
Subjects
arXiv: Physics::Chemical PhysicsQuantitative Biology::Biomolecules
free text keywords: crystalline acetanilide, 結晶アセトアニリド, vibrational spectra, 振動スペクトル, high-pressure Raman, 高圧ラマン, self-trapping, セルフトラッピング, diamond anvil cell, ダイヤモンドアンビルセル
Download from
JAIRO
Article . 1993
Provider: JAIRO
Powered by OpenAIRE Open Research Graph
Any information missing or wrong?Report an Issue