Prevalence of Japanese encephalitis virus antibody in sika deer (Cervus nippon) in Odaigahara, Kii Peninsula, Japan

Article Japanese OPEN
斉藤, 美加; 荒木, 良太; 鳥居, 春己; 浅川, 満彦;
(2015)
  • Publisher: 日本野生動物医学会
  • Journal: 日本野生動物医学会誌 = Japanese journal of zoo and wildlife medicine,volume 20,issue 3,pages41-45 (issn: 1342-6133)
  • Publisher copyright policies & self-archiving
  • Subject: risk assessment | Odaigahara | 日本脳炎ウイルス | Japanese encephalitis virus | リスク評価 | ニホンジカ | sika deer | 紀伊半島大台ヶ原
    mesheuropmc: viruses

日本脳炎ウイルス(JEV)感染リスク評価の一環で, 2009年と 2010年に紀伊半島大台ヶ原で捕獲されたニホンジカ Cervus nippon(以下,シカ)の JEV抗体保有状況を調査した。JEV,Oki431S株に対し 87頭中 9頭(10.3%)が,Beijing-1株に対し 1頭( 1.1%)が抗体を保有し,年齢階層が高くなるに従い,抗体保有率の上昇傾向がみられた。これらより,シカに JEVに対する感受性がある事,大台ヶ原で JEV感染環が成立し, JEVの活動は低いが常在している地域である事が強く示唆された。 Sero-ep... View more
Share - Bookmark

  • Download from
    JAIRO via JAIRO (Article, 2015)
  • Cite this publication