戦後の今治タオル工業の発展と近藤繊維工業 : 近藤憲司による革新的経営手法の導入

Research Japanese OPEN
辻, 智佐子;
(2018)
  • Publisher: 城西大学経営学部
  • Journal: 城西大学経営紀要,volume 14,pages31-61 (issn: 1880-1536)
  • Publisher copyright policies & self-archiving
  • Subject: 地域産業 | 今治タオル工業 | 近藤憲司 | 松下幸之助 | Localindustry | Imabari towel industry | Kenji Kondo | Konosuke Matsushita

本稿は,地域産業研究における事例研究として,戦後の松下労組結成を主導し,のちにタオルメーカーの二代目として采配を振るった近藤憲司をとり上げ,近藤は松下電器産業時代の経験を生かしながらいかなる経営手法よって一介のタオル工場を,今治地域を代表するタオルメーカーに成長させたのかを考察した。まず,当時のタオル業界の状況と近藤繊維工業について歴史的に整理し,近藤のタオル業界における貢献について述べた。次に,近藤の経営手法について,自社ブランドの構築,販売代理店制度の導入,積極的なマーケティング・宣伝活動の3つに絞って議論した。そして,近藤の経営... View more
Share - Bookmark

  • Download from
    JAIRO via JAIRO (Research, 2018)
  • Cite this publication