Bacitracin Resistance of Streptococcus mutans Regulated by Two Component System

Doctoral thesis Japanese OPEN
北河, 憲雄 (2011)

Streptococcus mutansは、主要なう蝕の原因細菌であり、バシトラシンに耐性を持つことが知られている。本研究では、この耐性メカニズムを解明するため、バシトラシン存在下で顕著に発現誘導される遺伝子をマイクロアレイを用いて探索した。4 倍以上発現誘導されていた8 つの遺伝子のうち、耐性に主に関与していたのは ABC トランスポーターをコードすると推定される 2 つの遺伝子、mbrA、mbrB であった。以前の研究から、mbrABCD 遺伝子群はバシトラシン耐性に関与することが分かっているが mbrABCD 遺伝子群による耐性... View more
Share - Bookmark

  • Download from
    JAIRO via JAIRO (Doctoral thesis, 2011)
  • Cite this publication