〈論文〉江戸時代中後期における煎茶趣味の展開と煎茶道の成立

Research Japanese OPEN
安永, 拓世;
(2012)
  • Publisher: 近畿大学商経学会
  • Journal: 商経学叢 = Shokei-gakuso: Journal of Business Studies,volume 59,issue 2,pages185-208 (issn: 0450-2825)
  • Publisher copyright policies & self-archiving
  • Subject: 煎茶趣味 | 煎茶道 | 田中花月庵鶴翁 | 売茶翁の規格化 | 茶の湯からの影響

[概要]本稿は, 18世紀中期から19世紀にかけて京都や大坂で流行した煎茶趣味が, 芸道としての煎茶道へと変容するプロセスの解明を目的とする。とくに, 大坂を中心に活躍した煎茶道の家元・田中花月庵鶴翁(1782~1848)を題材とし, 当時の文人たちと花月庵との交流関係や, それを記した資料を通して, (1)日本に煎茶を広めた売茶翁(1675~1763)という人物が神格化され, 彼に結びつく花月庵が権威付けられて作り上げられていく言説。 (2)その言説に寄り添うかたちで付加価値がつけられる煎茶道具。 (3)新興の芸道である煎茶道が, ... View more
Share - Bookmark

  • Download from
    JAIRO via JAIRO (Research, 2012)
  • Cite this publication