Language: Japanese
(CSV)
Filter By:
  • Funder (4)
  • Project (8)
  • Publication Date (100+)
  • Access Mode (4)
  • Type (16)
  • Language (1)
  • Community (1)
  • Content Provider (100+)
  • Collected From (100+)
Language: Japanese
(CSV)
  • Funder (4)
  • Project (8)
  • Publication Date (100+)
  • Access Mode (4)
  • Type (16)
  • Language (1)
  • Community (1)
  • Content Provider (100+)
  • Collected From (100+)
Results per page: Sort by:
1,442,303 publications, page 1 of 144,231
  • Y_2O_3Nb_2O_5系の固相反応

    Article Japanese OPEN
    堀田, 憲康; 松下, 泰彦; 松尾, 重友; Hotta, Noriyasu; Matsushita, Yasuhiko; Matsuo, Shigetomo; (1978)
    相対密度の異なる2種のY_2O_3晶焼結体(70%,95%)とNb_2O_5焼結体とを重ね合わせて,2種の拡散対とし,1275〜1350℃で加熱してY_2O_3‐Nb_2O_5系固相反応を調べた.その境界面に生成する反応層を電子顕微鏡観察,X線マイクロアナライザー分析,X線回折及び熱膨張率測定することにより次のような結果を得た.Y_2O_3層とNb_2O_5層の境界面においてY_2O_3・Nb_2O_5なる反応層が生成する.これはY_2O_3中へのNb_2O_5Oの一方拡散に起因するものである.この拡散反応の活性化エネルギーは70%Y...
  • 入院高齢患者の安静時エネルギー消費量に及ぼす日常生活動作(ADL)低下の影響

    Research Japanese OPEN
    増田, 貴子; 塚原, 丘美; 豊福, 千夏; 島, 由子; 日比野, 仁子; 須田, 久雄; 北川, 元二; 貴子, 北野; (2014)
    急性期医療において、過不足のない適正な必要栄養量を設定することが重要であるにもかかわらず、日本人高齢患者に適応する基礎エネルギー消費量(BEE: basal energy expenditure)の推定式は存在せず、成人向けの一般的な推定式を代用しているのが現状である。しかし、入院高齢患者では特に筋肉量が減少し、日常生活動作(ADL: activities of daily living)が低下していることから、BEEも低下している可能性がある。そこで、入院高齢患者の安静時エネルギー消費量(REE: resting energy ex...
  • ASTRO-H/SXS用振動アイソレータの開発

    Conference object Japanese OPEN
    安田, 進; Yasuda, Susumu; (2015)
    会議情報: 第31回宇宙構造・材料シンポジウム(2015年12月8日. 宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所 (JAXA)(ISAS)), 相模原市, 神奈川県
  • 学ぶ意欲を引き出す授業とは何か : 北大一般教育演習 「蛙学への招待」 の授業デザイン

    Research Japanese OPEN
    鈴木, 誠; (2004)
  • 公法判例研究(一)

    Research Japanese OPEN
    村西, 良太; (2004)
  • 循環呼吸のすすめ

    Research Japanese OPEN
    若林, 正史; (1993)
  • タンザニア南部高地における在来農業の創造的展開と互助労働システム : 谷地耕作と造林焼畑をめぐって

    Doctoral thesis Japanese OPEN
    近藤, 史; (2008)
    新制・課程博士
  • ALPHA計画電線貫通部リーク定量化試験シリコン樹脂実験(SLB001,SLB002); 樹脂の挙動に対する熱的影響の評価

    External research report Japanese OPEN
    山野 憲洋; 杉本 純; 丸山 結; 日高 昭秀; 早田 邦久; (1992)
    本報告書は、事故時格納容器挙動試験(ALPHA)計画電線貫通部リーク定量化試験の中で実施したシリコン樹脂実験についてまとめたものである。実験では、電線貫通部のシリコン樹脂部分を模擬した試験体をほぼ大気圧に保たれた試験容器内に設置し、格納容器内に相当する試験容器の高温側に水蒸気を供給しながら加熱し、格納容器外に相当する試験容器低温側には乾燥した窒素ガスを流して約288Kに保った。実験は2回行い、試験容器高温側を288Kから約1K/分の昇温速度でそれぞれ515Kと640Kまで上昇させた。試験体内部に配置した熱電対の温度分布から樹脂の挙動を...
  • <論説>脱人間中心主義と社会的費用(4)

    Research Japanese OPEN
    上村, 雄彦; Uemura, Katsuhiko; (2000)
  • 解説

    Article Japanese OPEN
    岩波, 敦子; (2010)
    講演録 ヨーロッパ中世史料学から見るドイツ歴史学 : 回顧と展望
Results per page: Sort by:
1,442,303 publications, page 1 of 144,231
Last index information