Advanced search in
Research products
arrow_drop_down
Searching FieldsTerms
Any field
arrow_drop_down
includes
arrow_drop_down
Include:
1,964,140 Research products, page 1 of 196,414

  • Publications
  • Research data
  • Research software
  • Other research products
  • Research

10
arrow_drop_down
Relevance
arrow_drop_down
  • Open Access Japanese
    Publisher: 神戸大学農学部

    人工粗度に関する理論ならびに次元解析をおこない, さらに相対粗度密度Ф=S/Fを7種類にかえた水理実験をおこなって, その抵抗特性を明らかにし, NIKURADSEなどの実験に固執しないで粗度形態との関係を明らかにできる実験定数を決めた。1) CHEZYの抵抗関数C/√と相対粗度y_n/kの[figure] [figure]関係はつぎのように表わされる。ここに, C_2は相対粗度密度Ф=S/Fの関数である。また新規にroughness [numerical formula] parameter εを導入することによって, 上式はつぎの...

  • Publication . Research . 1998
    Open Access Japanese
    Publisher: 群馬大学医学部保健学科

    ロイ・モレルはFar from the Madding Crowdの主人公Gabriel Oakの生き方を例に挙げて,幾多の苦難を乗り越えて人生の勝利者となるOakこそハーディが称揚する人物像であるとし,夢想家や夢想的な生き方をハーディは非難しているのだと論じている。モレルの立場はハーディの小説の悲劇性を登場人物たちの非現実的で夢想的な生き方に求めるもので,宿命論に立脚した従来のハーディ観を打破するという点で高く評価されるべきだが,ハーディの小説を単なる人生訓,処世訓のレベルで捉えている点に不満が残るし,ハーディがその後Oakのような...

  • Open Access Japanese
    Authors: 
    Khanal, Kishor Chandra;
    Publisher: 中部大学国際関係学部
  • Open Access Japanese
    Publisher: 關西大学經済學會

    本稿は、前半を専門工の職業移動とマイスター・技師の職業移動の分析に当て、専門大学でのエンジニアーによる代替がどのように、またどの程度進展したかを見る中で、専門工の地位やマイスターの地位がこの間の技術的・組織的な構造変化によって変化したのか、また今後はどうかなどを検討している。昇進機会は減ったが、両者の地位は基本的に維持されたというのが結論である。後半は、その結論を受けて、地位を維持するために、機能変化に応じた能力開発が行われたとみて、それを職業訓練制度改革の中に見た。訓練改革の方向が定まりプロセス重視を目的とした訓練が行われるようにな...

  • Japanese
    Publisher: 大阪教育大学

    The purpose of the present study is to deal with the influence of the daily physical exercises on the mental and physical functions, especially for the endurance training in children's development stages. The subjects are 96 boys and 84 girls (180 in total) of two eleme...

  • Open Access Japanese
    Publisher: 立正大学日蓮教学研究所
  • Open Access Japanese
    Authors: 
    Y., Chikamatsu;

    此處では,後期のジムメルが取扱はれる。社会学者としてのジムメルには,ふれられない。専ら,生の哲学におけるジムメルが,取上げられる。詳細は,序文において自ら明かであるが,問題の焦點は,一,ジムメルにおける創造的エモーション乃至ヴイジョンにふれつつ,而も,其處からして,非體系的な彼の所説を,能ふ限りの範圍において,整理すること。二,精神・生・實存なるプログラムにおけるジムメルの位置を,「實存」への聯りにおいて,定着させる事。三,Communicationの問題を,新しい課題として提出すること。である。目次は,序,生の雰圍氣,第一章,生の過...

  • Open Access Japanese
    Publisher: 大阪教育大学

    The incidence of colon cancer is rapidly increasing in Japan. This trend has been attributed to the high-fat diet resulting from westernization of the dietary lifestyle among the Japanese people. To examine whether the dietary instruction on the restriction of fat intak...

  • Publication . Research . 1925
    Open Access Japanese
    Authors: 
    Terada, T.;
    Publisher: 地球學團
  • Publication . Research . 2004
    Open Access Japanese
    Publisher: 関西大学博物館