Advanced search in
Research products
arrow_drop_down
Searching FieldsTerms
Any field
arrow_drop_down
includes
arrow_drop_down
Include:
11 Research products, page 1 of 2

  • Other research products
  • 2012-2021
  • Open Access
  • Japanese
  • Digital Humanities and Cultural Heritage

10
arrow_drop_down
Date (most recent)
arrow_drop_down
  • Open Access Japanese
    Authors: 
    Kondo, Masafumi;

    本研究では金沢の蔵宿、鍋屋高畠家文書のうち未整理となっている学芸・生活文化関連文書の整理・調査を通じて、近世金沢商人の豊かな生活文化の実態を解明することを目的とした。当初目的通り、未整理となっている鍋屋文書の学芸・生活文化関連史料の調査・整理について、加賀藩研究の各分野の研究者や金沢大学日本史学研究室所属の院生・学生の協力を得て、史料調査を進めた。しかし、史料調査については、当初、2000点程度と予想していたよりも未調査の史料点数が多いことが調査を進めていくうちに判明した。さらに、所蔵者より近代・現代文書を1000点程度保存しているという情報を得た。研究協力者とも相談の結果、貴重な金沢の商家文書でもあり散逸を防ぐ必要があると判断されたため、今年度の研究にそれらの文書の整理・調査を加えることとした。その結果、史料調査・整理の点数が大幅に増えたこともあり、当初計画に掲げた史料調査・整理の完了及び目録の発行まで行うことはできなかった。しかし、金沢市内では珍しい商家文書であり、かつ近世後期から戦後に至る一体的な文書群でもあるので、今後も調査を継続して、金沢商人の実態解明につなげていきたい。(既に研究協力者の上田長生氏による継続的な調査が開始されている。)生活文化関連文書では、当主や家族の冠婚葬祭についての式次第を記載した史料が数多く残されており、解読を進めているところである。現段階では、冠婚葬祭には金沢の富裕な町人が名を連ねており、儀礼や献立の詳細を把握することできた。また、茶会記等も残されており、歴代当主が茶道をはじめとする諸芸能にいそしんだことが明らかとなった。とりわけ、8代伊兵衛が和歌・国学にはげんで残した膨大な詠草の全貌が判明しつつあり、加賀藩領内外の歌人・国学者と交流を持ったことが分かる。さらに、明治初年には国学研究をかわれて、小坂神社をはじめとする金沢とその近郊の神職を務め、明治維新期の神道説教で石川県域を奔走した姿がうかがわれた。今後、残る史料の整理を進めて、目録を刊行し、鍋屋高畠家の生活文化の本格的な分析を進めていきたい。 研究課題/領域番号:16H00030, 研究期間(年度):2016 金沢大学

  • Other research product . Other ORP type . 2021
    Open Access Japanese
    Authors: 
    Grünewald, Stefan; Friedrich, Annemarie; Kuhn, Jonas;
    Publisher: Zenodo

    Pre-trained models to parse Japanese text using the STEPS dependency parser (https://github.com/boschresearch/steps-parser).

  • Open Access Japanese
    Authors: 
    Watanabe, Yoshirō;
    Country: Spain

    "Stories of Clay: The Lives and Works of Chosŏn Korean Potters in Tokugawa Japan" online exhibition, for the "Aftermath of the East Asian War of 1592-1598" project at the Autonomous University of Barcelona, ERC Horizon2020 grant agreement no.758347.

  • Open Access Japanese
    Authors: 
    Murano, Masakage;

    We conducted a case study on the protection and utilization of archaeological and historical materials located in schools in Kyoto Prefecture. As a result, We could confirm the existence of materials in schools, regardless of whether they are elementary, middle, or high school. And we could find that archaeological artifacts and school-specific teaching materials (e.g., archaeological and anthropological model specimens, pupils' works) could help to elucidate educational, academic, and local history, and also lead to the solidarity of local residents. In addition to social studies and integrated learning, the practical application of the materials in schools, such as calligraphy and information technology education, was shown. Based on the above, we published a handbook on the use of school materials to explain how to handle school materials, their characteristics and value.This work could provide a foundation for the construction of a school resource management theory. 京都府を対象として学校に所在する考古歴史資料の保護・活用にむけた事例研究をおこなった。結果として小中高問わず学校に資料の存在を確認し、資料の内容や由来の調査や記録化を進めることで、考古遺物そして学校特有の教材(例えば考古学・人類学関連模型標本、生徒児童作品)などが教育史や学問史、地域史の解明に役立ち、また地域住民の連帯にもつながることなどを明らかにした。さらに学校での資料活用として、社会科や総合学習に加え、書道や情報教育などでの活用可能性を実践的に示した。 これらを踏まえ学校資料活用のハンドブックを刊行して学校資料の扱い方やその特質や価値を示し、学校所在資料論の構築の土台を提供した。 出典:「学校所蔵資料の資料論構築のためのパブリック考古学的研究: 京都府の事例から」研究成果報告書 課題番号17K17753(KAKEN:科学研究費助成事業データベース(国立情報学研究所))(https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-17K17753/17K17753seika/)を加工して作成 研究課題/領域番号:17K17753, 研究期間(年度):2017-04-01 – 2020-03-31 金沢大学人間社会研究域附属国際文化資源学研究センター

  • Open Access Japanese
    Publisher: 高知県立大学
  • Open Access Japanese
    Publisher: 鹿児島大学
    Country: Japan

    The major vault protein (MVP) is the main constituent of the vault ribonucleoprotein particle. Although the role in multidrug resistance has been suggested, the physiological function of vaults remains unclear. It has been reported that MVP levels were elevated after treatment with the DNA-damaging agents such as adriamycin (ADR). The aim of this study was to investigate molecular basis for the induction of MVP by ADM, and to investigate the potential role of MVP in drug resistance. Expression levels of both MVP protein and MVP mRNA were increased by ADM. ADM could also enhance MVP promoter activity. Introduction of siRNA against Sp-1 in SW620 cells attenuated the expression of MVP induced by ADM. Down-regulation of MVP expression by MVP RNAi in SW620 cells increased the sensitivity of the cells to ADM. Furthermore, ADM enhanced the activation of caspase 3 and caspase 8 in the MVP knock-down cells, but not in control cells. Our data demonstrate that exposure of cancer cells to DNA-damaging agents induces MVP that might have an important role in the resistance to chemotherapeutic agents. VaultはRNAタンパク質複合体で、その発現量と多剤耐性癌細胞における治療抵抗性との相関が指摘されているが、vault自体の機能については未だ不明な点が多い。これまでに、vaultの構成成分であるmajor vault protein (MVP) は、DNA傷害性抗癌剤により発現が亢進することが報告されている。本研究は、抗癌剤処理下でのMVPの発現亢進機序およびその機能について検討を行うことを目的とした。ヒト大腸癌細胞株SW-620におけるMVP mRNAとMVPタンパク質の発現はアドリアマイシン(ADM)により誘導された。また、ADMにより、MVPプロモーター活性が約2倍上昇した。さらに、ADMによって誘導されるMVPの発現はSp1をknockdownすることにより抑制された。MVPが抗癌剤耐性に関与することが考えられたので、knockdown株を作製し、抗癌剤感受性試験を行ったところ、MVP発現株はMVP knockdown株に比べ、ADMに耐性を示した。さらに、ADM処理下におけるCaspase 8およびCaspase 3の活性化ついて解析したところ、MVP発現株では、MVP knockdown 株に比べ、ADMで誘導されるCaspase 8およびCaspase 3の活性化が抑制されていた。癌細胞はMVPの発現を亢進することにより、抗癌剤によって誘導されるアポトーシスを回避し、vaultが癌の抗癌剤耐性化に重要な役割を担っている可能性が示唆された。 2009-2011年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金(基盤研究(C)))研究成果報告書 課題番号:21590168 研究代表者:山田勝士 (鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員研究員)

  • Open Access Japanese
    Publisher: 清泉女学院大学人間学部

    This paper describes the interactive art installation “ iⅢ ” exhibited in KEIDAI ART OBUSE 2015. We consider the art works, it was discussed with emphasis on site-specific factors that concert with the precincts space. And pick up an overview of the audience participation. Outreach activities through the production of works participation of the audience, the precincts space of as alternative space, also discussed such as the art-environment in contemporary art.

  • Open Access Japanese
    Authors: 
    Kazuko, Takahashi;

    平成25~27年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 敬愛大学

  • Open Access Japanese

    主催者:都留文科大学文学部比較文化学科 講義日:2015年6月10日 講義名:比較文化総合

  • Open Access Japanese
    Authors: 
    Odaka, Takahiro;

    This study aimed to reconsider the variation of storage activities of early farming society in West Asia and to discuss the formation process of the management system of commodities as a basis of the later civilized society. To accomplish these aims, archaeological evidences from Tell el-Kerkh and other comtemporary sites were examined. Although an intensive storage activity considered as a forerunner of the civilized society was observed at Tell el-Kerkh, other evidences demonstrated that the formation of the management system of commodities was a polyphyletic process. Various management methods of commodities developed depending on diversified economic strategies in early farming society, and the later management system was extracted from these methods. 西アジア初期農耕社会における貯蔵活動の時空間的変異を見直し、文明の基盤を成した物資管理システムの生成過程を探るため、テル・エル=ケルク遺跡の資料を分析し、他遺跡の事例と比較・検討した。ケルク遺跡では文明社会の先駆となる集約的な貯蔵活動を確認できるが、他遺跡の事例は物資管理システムの生成過程が一系的でないことを示す。初期農耕社会では生業戦略の多様化に応じて多彩な物資管理技術が開発され、その中から後の物資管理システムが生成したといえる。 研究課題/領域番号:22720300, 研究期間(年度):2010 - 2012 金沢大学国際基幹教育院GS教育系 / 早稲田大学

Advanced search in
Research products
arrow_drop_down
Searching FieldsTerms
Any field
arrow_drop_down
includes
arrow_drop_down
Include:
11 Research products, page 1 of 2
  • Open Access Japanese
    Authors: 
    Kondo, Masafumi;

    本研究では金沢の蔵宿、鍋屋高畠家文書のうち未整理となっている学芸・生活文化関連文書の整理・調査を通じて、近世金沢商人の豊かな生活文化の実態を解明することを目的とした。当初目的通り、未整理となっている鍋屋文書の学芸・生活文化関連史料の調査・整理について、加賀藩研究の各分野の研究者や金沢大学日本史学研究室所属の院生・学生の協力を得て、史料調査を進めた。しかし、史料調査については、当初、2000点程度と予想していたよりも未調査の史料点数が多いことが調査を進めていくうちに判明した。さらに、所蔵者より近代・現代文書を1000点程度保存しているという情報を得た。研究協力者とも相談の結果、貴重な金沢の商家文書でもあり散逸を防ぐ必要があると判断されたため、今年度の研究にそれらの文書の整理・調査を加えることとした。その結果、史料調査・整理の点数が大幅に増えたこともあり、当初計画に掲げた史料調査・整理の完了及び目録の発行まで行うことはできなかった。しかし、金沢市内では珍しい商家文書であり、かつ近世後期から戦後に至る一体的な文書群でもあるので、今後も調査を継続して、金沢商人の実態解明につなげていきたい。(既に研究協力者の上田長生氏による継続的な調査が開始されている。)生活文化関連文書では、当主や家族の冠婚葬祭についての式次第を記載した史料が数多く残されており、解読を進めているところである。現段階では、冠婚葬祭には金沢の富裕な町人が名を連ねており、儀礼や献立の詳細を把握することできた。また、茶会記等も残されており、歴代当主が茶道をはじめとする諸芸能にいそしんだことが明らかとなった。とりわけ、8代伊兵衛が和歌・国学にはげんで残した膨大な詠草の全貌が判明しつつあり、加賀藩領内外の歌人・国学者と交流を持ったことが分かる。さらに、明治初年には国学研究をかわれて、小坂神社をはじめとする金沢とその近郊の神職を務め、明治維新期の神道説教で石川県域を奔走した姿がうかがわれた。今後、残る史料の整理を進めて、目録を刊行し、鍋屋高畠家の生活文化の本格的な分析を進めていきたい。 研究課題/領域番号:16H00030, 研究期間(年度):2016 金沢大学

  • Other research product . Other ORP type . 2021
    Open Access Japanese
    Authors: 
    Grünewald, Stefan; Friedrich, Annemarie; Kuhn, Jonas;
    Publisher: Zenodo

    Pre-trained models to parse Japanese text using the STEPS dependency parser (https://github.com/boschresearch/steps-parser).

  • Open Access Japanese
    Authors: 
    Watanabe, Yoshirō;
    Country: Spain

    "Stories of Clay: The Lives and Works of Chosŏn Korean Potters in Tokugawa Japan" online exhibition, for the "Aftermath of the East Asian War of 1592-1598" project at the Autonomous University of Barcelona, ERC Horizon2020 grant agreement no.758347.

  • Open Access Japanese
    Authors: 
    Murano, Masakage;

    We conducted a case study on the protection and utilization of archaeological and historical materials located in schools in Kyoto Prefecture. As a result, We could confirm the existence of materials in schools, regardless of whether they are elementary, middle, or high school. And we could find that archaeological artifacts and school-specific teaching materials (e.g., archaeological and anthropological model specimens, pupils' works) could help to elucidate educational, academic, and local history, and also lead to the solidarity of local residents. In addition to social studies and integrated learning, the practical application of the materials in schools, such as calligraphy and information technology education, was shown. Based on the above, we published a handbook on the use of school materials to explain how to handle school materials, their characteristics and value.This work could provide a foundation for the construction of a school resource management theory. 京都府を対象として学校に所在する考古歴史資料の保護・活用にむけた事例研究をおこなった。結果として小中高問わず学校に資料の存在を確認し、資料の内容や由来の調査や記録化を進めることで、考古遺物そして学校特有の教材(例えば考古学・人類学関連模型標本、生徒児童作品)などが教育史や学問史、地域史の解明に役立ち、また地域住民の連帯にもつながることなどを明らかにした。さらに学校での資料活用として、社会科や総合学習に加え、書道や情報教育などでの活用可能性を実践的に示した。 これらを踏まえ学校資料活用のハンドブックを刊行して学校資料の扱い方やその特質や価値を示し、学校所在資料論の構築の土台を提供した。 出典:「学校所蔵資料の資料論構築のためのパブリック考古学的研究: 京都府の事例から」研究成果報告書 課題番号17K17753(KAKEN:科学研究費助成事業データベース(国立情報学研究所))(https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-17K17753/17K17753seika/)を加工して作成 研究課題/領域番号:17K17753, 研究期間(年度):2017-04-01 – 2020-03-31 金沢大学人間社会研究域附属国際文化資源学研究センター

  • Open Access Japanese
    Publisher: 高知県立大学
  • Open Access Japanese
    Publisher: 鹿児島大学
    Country: Japan

    The major vault protein (MVP) is the main constituent of the vault ribonucleoprotein particle. Although the role in multidrug resistance has been suggested, the physiological function of vaults remains unclear. It has been reported that MVP levels were elevated after treatment with the DNA-damaging agents such as adriamycin (ADR). The aim of this study was to investigate molecular basis for the induction of MVP by ADM, and to investigate the potential role of MVP in drug resistance. Expression levels of both MVP protein and MVP mRNA were increased by ADM. ADM could also enhance MVP promoter activity. Introduction of siRNA against Sp-1 in SW620 cells attenuated the expression of MVP induced by ADM. Down-regulation of MVP expression by MVP RNAi in SW620 cells increased the sensitivity of the cells to ADM. Furthermore, ADM enhanced the activation of caspase 3 and caspase 8 in the MVP knock-down cells, but not in control cells. Our data demonstrate that exposure of cancer cells to DNA-damaging agents induces MVP that might have an important role in the resistance to chemotherapeutic agents. VaultはRNAタンパク質複合体で、その発現量と多剤耐性癌細胞における治療抵抗性との相関が指摘されているが、vault自体の機能については未だ不明な点が多い。これまでに、vaultの構成成分であるmajor vault protein (MVP) は、DNA傷害性抗癌剤により発現が亢進することが報告されている。本研究は、抗癌剤処理下でのMVPの発現亢進機序およびその機能について検討を行うことを目的とした。ヒト大腸癌細胞株SW-620におけるMVP mRNAとMVPタンパク質の発現はアドリアマイシン(ADM)により誘導された。また、ADMにより、MVPプロモーター活性が約2倍上昇した。さらに、ADMによって誘導されるMVPの発現はSp1をknockdownすることにより抑制された。MVPが抗癌剤耐性に関与することが考えられたので、knockdown株を作製し、抗癌剤感受性試験を行ったところ、MVP発現株はMVP knockdown株に比べ、ADMに耐性を示した。さらに、ADM処理下におけるCaspase 8およびCaspase 3の活性化ついて解析したところ、MVP発現株では、MVP knockdown 株に比べ、ADMで誘導されるCaspase 8およびCaspase 3の活性化が抑制されていた。癌細胞はMVPの発現を亢進することにより、抗癌剤によって誘導されるアポトーシスを回避し、vaultが癌の抗癌剤耐性化に重要な役割を担っている可能性が示唆された。 2009-2011年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金(基盤研究(C)))研究成果報告書 課題番号:21590168 研究代表者:山田勝士 (鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員研究員)

  • Open Access Japanese
    Publisher: 清泉女学院大学人間学部

    This paper describes the interactive art installation “ iⅢ ” exhibited in KEIDAI ART OBUSE 2015. We consider the art works, it was discussed with emphasis on site-specific factors that concert with the precincts space. And pick up an overview of the audience participation. Outreach activities through the production of works participation of the audience, the precincts space of as alternative space, also discussed such as the art-environment in contemporary art.

  • Open Access Japanese
    Authors: 
    Kazuko, Takahashi;

    平成25~27年度 科学研究費補助金 基盤研究(C) 敬愛大学

  • Open Access Japanese

    主催者:都留文科大学文学部比較文化学科 講義日:2015年6月10日 講義名:比較文化総合

  • Open Access Japanese
    Authors: 
    Odaka, Takahiro;

    This study aimed to reconsider the variation of storage activities of early farming society in West Asia and to discuss the formation process of the management system of commodities as a basis of the later civilized society. To accomplish these aims, archaeological evidences from Tell el-Kerkh and other comtemporary sites were examined. Although an intensive storage activity considered as a forerunner of the civilized society was observed at Tell el-Kerkh, other evidences demonstrated that the formation of the management system of commodities was a polyphyletic process. Various management methods of commodities developed depending on diversified economic strategies in early farming society, and the later management system was extracted from these methods. 西アジア初期農耕社会における貯蔵活動の時空間的変異を見直し、文明の基盤を成した物資管理システムの生成過程を探るため、テル・エル=ケルク遺跡の資料を分析し、他遺跡の事例と比較・検討した。ケルク遺跡では文明社会の先駆となる集約的な貯蔵活動を確認できるが、他遺跡の事例は物資管理システムの生成過程が一系的でないことを示す。初期農耕社会では生業戦略の多様化に応じて多彩な物資管理技術が開発され、その中から後の物資管理システムが生成したといえる。 研究課題/領域番号:22720300, 研究期間(年度):2010 - 2012 金沢大学国際基幹教育院GS教育系 / 早稲田大学

Send a message
How can we help?
We usually respond in a few hours.