Advanced search in
Research products
arrow_drop_down
Searching FieldsTerms
Any field
arrow_drop_down
includes
arrow_drop_down
Include:
579,441 Research products, page 1 of 57,945

  • 2013-2022
  • Open Access
  • Research

10
arrow_drop_down
Relevance
arrow_drop_down
  • Publication . Research . 2021
    Open Access Japanese
    Authors: 
    Daehwan, Kweon;
    Publisher: 札幌大学
  • Open Access Japanese
    Publisher: 立正大学日蓮教学研究所
  • Open Access Japanese
    Publisher: 千葉大学大学院人文公共学府

    [要旨] 南シナ海の領有を巡る紛争は、中華人民共和国による領有の主張に関する常設仲裁裁判所の判決と、それ以降の APEC を媒体とした「交渉」によって収束する方向にある。収束の契機となったのは国際法による判決であった。それでもアメリカの国際政治学者であるモーゲンソ―は、国際法を国家間のバランス・オブ・パワーを反映して効力を発揮するものであるとし、そして第二次世界大戦前の時代を評したイギリスの歴史学者である E.H. カーは、国際法を強制的な実効を伴わない法であるとし、第二次世界大戦回避についての国際連盟の無力をリアリズムの観点から論じた。本論は、これらの 2 つの古典的な見解と比較することによって、現代の国際社会の紛争(南シナ海の領有)の収束のあり方の特徴を明らかにする。言い換えれば、情報の流通が世界規模で拡大し、それに伴い人的な交流も活性化している現在、強国とそれ以外の国々の間の秩序の模索は、第二次世界大戦直前と異なるのだろうかということになる。そして国際法が果たす役割には、「進化」が見られるのだろうか。それを南シナ海の領有権を巡る紛争の解決のあり方について検証する。そこに 21 世紀第2 四半期以降の世界を将来への「希望」に繋げる契機が見出せるか、否かが目的になる。

  • Open Access Japanese
    Publisher: アジア・ジェンダー文化学研究センター

    授乳と女性との関係は、文化や歴史の中で多様であったが、現在の北米ではミドルクラスの 女性たちが公的な場で授乳する権利を求め、授乳をノーマライズする運動を繰り広げている。本 稿では、そのような北米の状況を踏まえた上で、アメリカと日本の授乳フォトが持つ意味を比較 する。 北米では乳房は性的なものと見なされ、公的な場での授乳が抑制されてきた。Facebookな どのソーシャルメディアは、2015年までのヌード規定に従って、授乳している女性の写真を削 除し、飛行機やレストランでは授乳した女性が制止されるケースが多く見られた。アメリカの授 乳フォトには、女性が自撮りしてソーシャルメディアに載せるものと写真家によるものとがある が、いずれも授乳を女性の自然な行為として可視化し、標準的な母のイメージを覆し、授乳に対 する社会の態度を変えようとするメッセージを秘めている。それに対して、日本では授乳が政治 的な対立となっておらず、授乳フォトは写真館で記念写真として撮影されるため、社会が期待す る幸せのイメージを反映したものが多い。だがそこには、社会がもつ幸せのイメージと女性が感 じる育児の矛盾とのずれが存在する。 以上のように、授乳フォトはそれが誰の視点で切り取られるのか、また母乳がそれぞれの社 会でどのように形作られるのかによって異なる意味を持つと言える。 The relationship between breastfeeding and women has taken varied forms throughout history and among different cultures. In North America movements led by middle class women to protect breastfeeding in public and to normalize it are gaining momentum. This article tries to interpret images of breastfeeding by comparing breastfeeding photos in North America and in Japan. In North America social media companies, such as Facebook, took down photographs of breastfeeding women many times before 2015 based on their standards of nudity. Breastfeeding in public places such as on airplanes or in restaurants was restrained because breasts were (are) seen as sexual objects that needed to be censored. Breastfeeding photos are either selfies taken and uploaded by breastfeeding women or those taken by photographers. Both types of photos in North America are filled with messages which intend to change society's attitudes toward breastfeeding by making breastfeeding visible as a natural maternal behavior and by dismantling traditional imagesof motherhood. In Japan breastfeeding photos are normally taken as commemorative photosin a photo studio where a photographer molds them to the image of happiness. However, a discrepancy between societal images of happiness and women's actual childcare experiences is detected in the photos. To conclude, breastfeeding photos in North America and Japan represent different images depending on whoseperspective they embody and how breastmilk/breastfeeding is construed in both societies. 寄稿論文

  • Open Access Japanese
    Publisher: 広島大学国語文化教育学研究室
    Country: Japan
  • Open Access Japanese
  • Open Access Japanese
    Publisher: 神戸大学大学院法学研究会
  • Publication . Research . 2018
    Open Access Japanese
    Publisher: 早稲田大学国文学会
  • Publication . Conference object . Research . 2015
    Open Access French
    Authors: 
    Mélynda Hassouna; Paul Robin;
    Publisher: HAL CCSD
    Country: France

    Des solutions pour réduire les emissions gazeuses des élevages. Space 2015 - les rendez-vous de l'Inra

  • Open Access
    Authors: 
    Wang, Yunhai;
    Publisher: 龍谷大学法学会
Send a message
How can we help?
We usually respond in a few hours.